*

天山広吉が小松洋平に対して怒ったこと

   


現在コメント数: 3 件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK
スポンサードリンク

天山広吉が小松洋平に対して怒ったこと

Tenzan

年末年始に行われたプロレス格闘技の大会を特集した「別冊ゴング 新年特別号」が発売となっている。私も早速購読。


その中で目を引いたのが、田中翔とともにメキシコCMLLへの無期限武者修行が決まった小松洋平のインタビュー。

そこでの小松が付き人を務める天山広吉とのエピーソドが非常に面白かった。

現在の新日本プロレスは長く続いている”付き人制度”が無くなりつつあるという。相撲と一緒で新人が先輩レスラーの付き人としてお世話をする。相撲出身の力道山から続く制度だ。

かつてアントニオ猪木は力道山の付き人を務め、そのアントニオ猪木は蝶野正洋や獣神サンダーライガーらを付き人にした。

そして現在の新日本で付き人が残っているのは、天山の付き人である小松と、永田の付き人である田中翔だけだ。

相撲でもプロレスでも『先輩への付き人=怖い・理不尽』のイメージがずっとあるが、天山⇔小松の関係はどうなのだろう。

別冊ゴング 新年特別号より

小松『天山さんとは全くストレスのない関係を続けさせてもらってます。

(中略)

いまもLINEで連絡が入るんですが、”絵文字を使え!”と怒られます』

なんと!!(笑)

絵文字を使わないと怒る天山・・。

普段試合後のコメントでは『クソッタレ!アホンダラ!良く見とけオラエー!!』という非常に怖いイメージの天山だが、絵文字が大好きだったのだ。

確かに天山のツイッターでは、ほぼ必ずと言って良い程絵文字が入っている。絵文字の使いこなしがハンパない。

妖怪ウォッチにもめちゃめちゃハマっている天山。若者とも話が合いそうだ。

そんな小松だが、海外遠征についてはCMLLだけでなく米国ROHにも行きたいという。メキシコと米国の両方のレスリングをモノにするつもりだ。

海外メディアでは小松・田中のROHへの武者修行の噂は確かに出ている。

世界で経験値を得た二人が、一回りも二回りも大きくなって帰ってくる日を心待ちにしたい。

スポンサードリンク

↓この記事が面白ければクリック

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

スポンサードリンク

関連記事はこちら

 - 天山広吉, 小松洋平, 新日本プロレス , ,