*

ケニー・オメガ&ヤングバックスのバレットクラブ”ジ・エリート”とは何か?解説

   


現在コメント数: 24 件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK
スポンサードリンク

ケニー・オメガ&ヤングバックスのバレットクラブ”ジ・エリート”とは何か?解説

bulletclubelite

昨年末からケニー・オメガとヤングバックスの3人はバレットクラブであると同時に、自分達を「The Elite(ジ・エリート)」と呼ぶようになった。

最近は3人揃って「the Elite」Tシャツを着て登場する等、その点を強調しているのが目立つ。一体この”ジ・エリート”とは何なのか。

もちろん答えは本人達の口から明確に語られていないので分からないのだが、周辺の情報から推測して解説したい。

これは1990年代に繁栄を極めたWCW/nWoのアメプロを説明する必要があるだろう。

バレットクラブのモデルは1990年代に日本と米国マット界で一世を風靡した「nWo(ニュー・ワールド・オーダー)」がモデルとなっている。それは結成した本人達も認めている。

黒と白のイメージカラーで、仲間の印のハンドサインである「ウルフパックポーズ」をやったり、「Too Sweet」と言ったり、これらは全てnWoの代名詞だったものだ。

そのnWoの歴史を少し振り返りたい。

—————————-
nWoは今から20年前の1996年に米国WCWで結成されたユニットである。当時は今のWWE(WWF)と並ぶライバル団体WCWという会社が存在した。一時は完全にWWEを資金的にも人気面でも上回っており、WWEを倒産寸前まで追い詰めた団体である。そのきっかけとなったのがこのWCWでのnWo結成とその一大ブームであった。

元々WWEのスター選手だったスコット・ホール(コーディ・ホールのお父さん)とケビン・ナッシュが、WWEから引き抜かれWCWに登場する。彼らは「北から(アトランタを拠点とするWCWに対して北に位置するニューヨークのWWE)来たアウトサイダー達」と呼ばれた。

そして二人はWCWを掻き回していったのだが、その後なんと当時トップベビーフェイスだった”業界の象徴”ハルク・ホーガンと合体してしまう。ホーガンのまさかのヒールターンで全米は震撼する。その時にホーガンが「これから俺達の事をニュー・ワールド・オーダー(新世界秩序)と呼べ!」と宣言し、nWoが誕生したのである。

その後、nWoはヒールの悪者なのにブラックでファッショナブルで、更にデカくて強くて権力もあって格好良くてという事で大人気となった。そしてそのnWoに当時WCWと提携関係にあった新日本プロレスの蝶野正洋が加入し、nWoジャパンが結成された。そこに武藤敬司ことグレートムタらも加わり、日本でも大ブームとなる。

その後nWoはどうなったかというと、ホーガン派のnWoと、ナッシュ派のnWoに分裂してしまう。ナッシュ派のnWoは赤と黒を基調とし「nWo ウルフパック」とも呼ばれた(ホーガン派はnWo ハリウッドとも呼ばれる)。

そしてホーガン派のnWoとナッシュ派のnWoの一大派閥抗争が巻き起こるのである。

その両派閥の頂上決戦が1999年の1月4日にWCWの本拠地のアトランタ・ジョージアドームで行われたWCW世界ヘビー級王者ナッシュ vs 挑戦者ホーガンである。しかし試合はホーガンが指一本をナッシュに押し当てただけでナッシュが倒れ、そのまま3カウントを奪い王座移動となってしまう。それによりホーガン派とナッシュ派は完全に仲直りし、nWoは再び一つになるのである。この指一本で勝利した事件は”フィンガーポーク・オブ・ドゥーム(破滅の指突き)”と呼ばれ、後にWCW崩壊の引き金として語られる事になる。

そして仲直りしたnWoがその後どうなったかというと、なんとnWoはホーガン、ナッシュ、ホールらの「nWo一軍」と、その他ザコキャラである「nWo二軍」に分けられてしまう。

この「nWo一軍」の事を、英語で「nWo “Elite” (nWo エイート)」と呼ばれたのである。それに対してnWo二軍の事は英語で「nWo B-Team(nWo Bチーム)」と呼ばれた。

エリートとBチームという、現代の日本もビックリの格差社会。こうして「エリート」が生まれたのであった。

—————–

上記の通り元々バレットクラブ自体がnWoをモデルとしており、彼らはそれを前提にあえてウルフパックポーズをしたり、nWoの代名詞である「Too Sweet」と言ったりしていることから、今回のケニー・オメガとヤングバックスの「ジ・エリート」も、この「nWo Elite」を意識してのものと考えられる。

昔からアメプロを見ていてWCWが好きだった人はすぐピンと来たことだろう。

ということはケニー達はバレットクラブでもnWoのような格差社会を作るつもりだろうか。気になるのは今年に入ってからケニー&ヤングバックス(with コーディ・ホール)と、バッドラック・ファレ&タマトンガ(with 高橋裕二郎)の間に少し距離があるように見える点だ。

カール・アンダーソンとドク・ギャローズのラストマッチにも、ファレとタマトンガが現れたが、ケニーとヤングバックスの「ジ・エイート」は最後まで姿を現さず、それどころかその日のバックステージでアンダーソンとギャローズのことを「ルーザー(負け犬)」と罵った。

これはケニー派と、ファレ派のバレットクラブ分裂となってしまうのだろうか。

もう一つ気になるのは、ケニーが「ジ・エリート」と同じく自らを「バレットクラブ・ジャパン」と名乗っている点だ。

これはもしかすると、WWE/NXTのプリンス・デヴィットことフィン・バロールと、WWE行きが決定的なカール・アンダーソン&ドク・ギャローズが最合体し、WWE版のバレットクラブ(バロール・クラブ?)を結成する事を予知しての行動だろうか。

それを裏付けるように、フィンはずっとバレットクラブを米国から煽り続けている。

今後一体どうなるのか。

スポンサードリンク

↓この記事が面白ければクリック

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

スポンサードリンク

関連記事はこちら

 - ケニー・オメガ, バレットクラブ, ヤングバックス, 新日本プロレス