*

KUSHIDAがオカダカズチカ&獣神サンダーライガー戦も視野!更に真壁・本間vsテンコジ、永田vs柴田の抗争も勃発!?

   


現在コメント数: 2 件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK
スポンサードリンク

KUSHIDAがオカダカズチカ&獣神サンダーライガー戦も視野!更に真壁・本間vsテンコジ、永田vs柴田の抗争も勃発!?

invasion

今シリーズ「ニュージャパン・カップ2016」もベスト4が決定した。優勝者は内藤哲也、後藤洋央紀、矢野通、マイケル・エルガンの4人に絞られた。

そんな中、早くもその先を見据えての抗争が巻き起こっている。

まず真壁刀義と本間朋晃と天山広吉が不穏な空気に。

新日本プロレス公式サイトより

真壁「オイ!天山に言っとけコノヤロー!いいか、ベルト持ってるのは、この俺様と本間だ!テメェら、死にたい?バカヤロー!テメェらそれで消えるなら、消えちまえバカヤロー!やるのか、やらねぇのか、どっちだこのクソヤローが!オイ、俺たちは元気いいからよ、いつでも来いや、コラ!」

元GBHだった天山と、現GBHの真壁と天山。真壁&本間 vs 天山&小島のIWGPタッグ王座戦も面白い。

そして柴田勝頼が発した『第三世代批判』発言から永田裕志との抗争も起きつつある。昨日の後楽園大会では、試合後に普段ベルトを持たない柴田が、珍しくベルトを誇示して永田を挑発した。

そして現IWGPジュニア王者のKUSHIDAは、あの英国人ホープのハイフライヤー”ウィル・オスプレイ”との対戦を要求されている。

オスプレイをCHAOSの新メンバーとして紹介したオカダカズチカに対しても、KUSHIDAは噛み付いた。

新日本プロレス公式サイトより

KUSHIDA「次の挑戦者、まさかあんな形でオカダから指名されるとはね。もちろん受けて立つし、アイツの口から『次の挑戦者』なんの権限で言ってんだ、お前。俺がそいつ倒したら、勝負に受けて立ってもらおうか。」

そして昨日の後楽園大会では獣神サンダーライガーに対しても、試合後IWGPジュニア王座のベルトを誇示して挑発した。

新日本プロレス公式サイトより

KUSHIDA「挑戦表明を受けたオスプレイでしたっけ?新日本マットでの実績がなくても、挑戦できるのがこのジュニアのベルトでしょ。ROH行って、世界にKUSHIDAの名前を売っているから、当然受けて立ちますよ。その魅力で勝負していくのが、オカダの持つヘビー級とは違うところ、差別化。どんな挑戦者だって、俺はこのベルト受けるよ。新日本プロレスのマットじゃなくても、ROHでも。いろんなことがある、新日本プロレス2016。これから引っ掻き回す、面白くするのは、KUSHIDAしかいないでしょ。任せてください」

スーパーJカップが復活する事が決まり、ジュニアの選手にとっても大きなチャンス。その中で特にKUSHIDAには注目だ。

スポンサードリンク

↓この記事が面白ければクリック

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

スポンサードリンク

関連記事はこちら

 - KUSHIDA, オカダカズチカ, 天山広吉, 小島聡, 新日本プロレス, 本間朋晃, 獣神サンダーライガー