*

内藤哲也が許せない2年前の石井智宏の言葉

      2017/08/11


現在コメント数: 55 件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

スポンサードリンク

内藤哲也が許せない2年前の石井智宏の言葉

naitoishii

5.3レスリングどんたくで行われる内藤哲也 vs 石井智宏のIWGPヘビー級王座戦。

内藤は3月に行われたニュージャパンカップ2回戦で勝利した石井が、因縁を吹っ掛けて来ただけでIWGPヘビーに挑戦出来る事に不満を爆発。『俺はNJCを優勝してIWGPに挑戦したのに』という状況で、石井とカードを組んだ会社に納得いかない様子。

そんな内藤節は止まらない。今週発売の週刊プロレスでも、内藤は石井を痛烈に批判した。

週刊プロレス 2016年 5/4 号より

内藤『2年前の(1.4)ドームで俺がNEVERのベルトを持ってる時、オカダのIWGPに挑戦したけどNEVERのベルトを持っていかなかった。負けた次の後楽園にも持っていかなった。その時に噛み付いてきたのが石井ですから。

まさにいま、その時と同じ状況。”じゃあ、あの時俺に言った答えは何だったんですか!?どれが正解だったんですか?”というのもぜひ今回の石井には見せて欲しい。』

あったあった、2014年の1月にこの二人の抗争が!NEVERのベルトを内藤が持って来なかった事に対して石井が噛み付いた事件。

2014/01/05(日)後楽園ホール大会

石井「オイ、あんなのNEVERのチャンピオンじゃねぇよ。テメーよ、NEVER、NEVERって言ってて、持った瞬間、あれか? いい加減にせぇよ。あのベルトはよ、俺と田中さんが輝かせたんだ。俺と田中さんが価値上げたんだ。ふざんけんな! あいつが持った瞬間、このザマか? 内藤、オラ、テメーの根 性、叩き直してやる。それとよ、アイツが持った時点で死んだNEVERのベルトよ、もう1回俺が輝かせてやるよ」

この一連の石井の発言を許していない内藤。

現在ROH TV王者でもある石井。その石井が内藤に挑戦する。もし今回石井が内藤にIWGPヘビー級王座戦で敗れてしまった場合、あの時の内藤と同じ状況になる。

因果応報。『あの時の答え合わせをさせてくれ』と内藤は石井に要求。

まさに内藤の復讐劇がスタートしているのだ。

———————

さて、今週の週刊プロレスでは飯伏幸太のインタビューも掲載されている。IGF参戦の理由も語っているので是非ご購読を。

その中で飯伏は4.10新日本プロレス両国大会に来ていた事を明らかにした。そこで目にした内藤の活躍。その時飯伏は何を思ったのか。

内藤の復讐のターゲットに飯伏も入っているだろう。この2人もまた、再び交わる時が来るかもしれない。

スポンサードリンク

↓この記事が面白ければクリック

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

スポンサードリンク

関連記事はこちら

 - ロス・インゴベルナブレス, 内藤哲也, 新日本プロレス, 石井智宏 , , ,