*

内藤哲也『(自分に掌を返すファンに対し)大阪は最後の砦。大阪城ホールであの時のようにブーイングするのか楽しみ。』

   


現在コメント数: 22 件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK
スポンサードリンク

内藤哲也『(自分に掌を返すファンに対し)大阪は最後の砦。大阪城ホールであの時のようにブーイングするのか楽しみ。』

osaka

大阪。浪速の街、商人の街、そしてお笑いの街。

大阪人と言えば、吉本新喜劇が大好き、阪神タイガースが大好き、そして・・、内藤哲也が大嫌い

そう言っても過言で無いくらい、大阪の地は内藤にとって非常に意味深い土地。内藤は大阪ではずっと強烈なブーイングを受け続けてきた。

参考:内藤哲也が大阪でブーイングを浴びる理由:nWoな人々

来月6月19日にドミニオン大阪城ホールにて、内藤はオカダカズチカ相手にIWGPヘビー級王座の防衛戦を行う。

そんな内藤が新日本プロレスワールドのインタビューに答え、大阪について語った。

新日本プロレスワールド 内藤哲也インタビューより:

-次のタイトルマッチは大阪です。大阪というものについては?

内藤『非常に楽しみですよ。僕へのブーイングは全国展開しましたからね。それが一つ一つなくなってしまって。寂しい気持ちがありますよ。あの時ブーイングしてた皆様はどこ行ったんですか?ってね。

そういう意味では最後の砦ですからね、大阪が。大阪のお客さんも掌を返すのか?それともあの時のようにブーイングという名の大歓声を送るのか送らないのか、その辺凄い楽しみですよ。』

これまで一番大きなブーイングがあった地は大阪でしたよね。

内藤『そうですね、うん。なので是非、今我々ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンは非常に魅力的なユニットですよ。勢いもあって。だからロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのキャップでありTシャツでありを身に着けて応援したい気持ちはわかりますけど、その辺は突っ張って欲しいですよね。是非大阪のファンには突っ張って欲しい。ブーイングという名の大歓声を頂きたいですね。』

言われてるで!言われてるで大阪の皆さん!

私も大阪生まれでずっと関西で育ったのだが、大阪の会場は他の地域の会場と雰囲気が違う。声援の仕方も違う。

”ミスター・根に持つ男”内藤から、今大阪のファンも試されている。そんな大阪城ホール大会、非常に楽しみだ。

スポンサードリンク

↓この記事が面白ければクリック

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

スポンサードリンク

関連記事はこちら

 - ロス・インゴベルナブレス, 内藤哲也, 新日本プロレス