*

内藤哲也が遂にオカダカズチカへの要求を明らかに

   


現在コメント数: 17 件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK
スポンサードリンク

内藤哲也が遂にオカダカズチカへの要求を明らかに

Naito4

昨夜内藤哲也の”因縁の街”とも言える大阪・大阪市中央体育館・サブアリーナで、ベスト・オブ・ザ・スーパー・ジュニアの公式戦が行われた。

内藤vsオカダのタッグ対決では、内藤にブーイングと歓声が浴びせられた。

新日本プロレス公式サイトより

内藤「大阪のお客さんの反応がね、まあ一時に比べたらちょっと元気がなくなったかもしれないけど、それでもね、変わらずに“ブーイングという名の歓声”をね、飛ばしてくれる方々が、若干ではあるけどいたんでね。僕はちょっと安心しましたよ。大阪城ホールには、もっとたくさんの“ブーイングという名の歓声”を送ってくれるお客様がね、来てくれることを願ってますよ。大阪のお客様にだけには! “手のひら返し”をして欲しくないんでね。いや、応援したいのはわかるよ。俺たちLOS INGOBERNABLES de JAPONに乗りたいのはわかるけどさ。そこは、自分にウソをついてでも、かつてのあの大阪の雰囲気を継続して欲しいなと。“手のひら返し”はしないでくれよ。」

この戦いは6月19日大阪城ホール大会へ続く。

後藤洋央紀は両国で敗れたEVILをGTRで沈め、リマッチを要求した。そしてSANADAの首を狙うYOSHI-HASHIも次の広島でのリベンジを誓った。

新日本プロレス公式サイトより

後藤「もう1回だ!! 次は負けはないよ。キングオブダークネス。お前が何を目指してるのか、いまだによくわかんねぇんだけどさ。忠告しといてやるよ。このままじゃ行き詰まりだぞ。いっそのこと渡辺(高章)に戻ればいいんじゃない? そのあとの責任は一切とらないけどな。それが俺のスタァァァイル」

YOSHI-HASHI「まだまだ次! (5・31)広島! 次は必ず、俺があの“負け犬サダ”を、必ず仕留めてやるよ」

オカダ「イッてやりましょう」

YOSHI-HASHI「オオ!(※と言い残して去る)」

オカダ「CHAOSのこの勢い、わかるだろ? SANADAさんも、EVILも、内藤さんもな。YOSHI-HASHIさん、後藤さん、俺でな、しっかり終わらしてやる。内藤さん! ま、乱入したいなら、してくれよ。ま、前から言っているように、それで、あんだけ新日本プロレスが好きだった内藤さんが、あの試合を見て満足するんだったら。ま、ここ何年か、AJ(スタイルズ)も棚橋(弘至)さんも、しっかりな、俺と向き合ってくれたよ。そして、俺が勝ったけどな。まあ、内藤さんもビビッてないんだったら、乱入なしでしっかりやろうじゃない?

また内藤が言及していたオカダのリマッチの条件も、遂に明らかにした。

新日本プロレス公式サイトより

内藤「あとさ! 5月5日松山で、オカダが何でも俺の言うことを聞くと言っていたよね? 最近になってやっと、(アイデアを)ちょっと思いついたわ。まあ、やっぱオカダにも元気がないからさ。元気の象徴って言ったらヤングライオンでしょ? ヤングライオンは、声出して、一生懸命試合をすると。そして入場も全力疾走で入場すると。俺、オカダに元気がないと思うからね。ヤングライオンの頃の気持ちを思い出していただきたいなぁと。いま、ガウンを着て堂々と入場してるけど、初心に戻ったらどうだ、オカダ? ヤングライオンのように全力疾走で走って来たらどうだ? ちょうどサムライTVの中継がある日、次は6月3日? 後楽園? 新日本プロレスワールドも、ちゃんと放送もあるんでしょ? 皆様が見ている前で、オカダを応援してくれる皆様に、そして! オカダを推している木谷(高明)オーナーに向けて、元気のある姿を、ぜひ! 全力疾走での入場を見せていただきたいな。オカダ? 何でも聞いてくれるんだろ!? 全力疾走で入場、楽しみにしてるぜ」

内藤はオカダに6月3日後楽園大会で全力疾走の入場を要求。

オカダにとって屈辱の要求に、どう反応するか。

スポンサードリンク

↓この記事が面白ければクリック

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

スポンサードリンク

関連記事はこちら

 - オカダカズチカ, ロス・インゴベルナブレス, ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン, 内藤哲也, 新日本プロレス