*

内藤哲也が再度オカダカズチカからEVILに挑戦者変更要求も!?不満再燃!

   


現在コメント数: 22 件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK
スポンサードリンク

内藤哲也が再度オカダカズチカからEVILに挑戦者変更要求も!?不満再燃!

Naito

早いものでもう6月に突入し、6月19日に大阪城ホールで行われるドミニオンまで後2週間を切った。

そんな中、日に日に激しさを増すのがCHAOSとロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのユニット抗争。

『負け犬発言』からSANADAに噛み付くYOSHI-HASHI、EVILにリマッチを要求している後藤洋央紀、そして内藤哲也のIWGPヘビー級王座に挑戦するオカダカズチカ。

5月の福岡レスリングどんたく大会後、内藤の前に立ふさがったオカダ。しかしその後内藤は『挑戦者を指名する』と宣言し、迎えた3夜明け会見だったが『挑戦者はEVIL』と指名する前に新日本プロレス公式がドミニオンでのオカダとの防衛戦を一方的に発表。これにより内藤は会社に大きな不信感を露わにした。

その後”オカダ推し”である新日本プロレス木谷高明オーナーのもとへ直談判するためにシンガポールまで向かい、その甲斐あってオーナーの大阪城ホールの来場が決定したため、本件はとにかくリング上での決着を待つのみだと思われていた。

しかしながら内藤は、昨日の群馬大会の試合後にまたしても不満を爆発させた。

新日本プロレス公式サイトより

内藤「オカダはさ、俺の言ったことなんでも聞いてくれるって言ってたからさあ。こないだの後楽園ホールで、ホントにダッシュしてくれるのか、非常に楽しみにしてたのになあ~。もしかして、明日、もしくは明後日の仙台で、やってくれるつもりかなあ? 楽しみだぜ、オカダ! 

ま、それから、大阪城ホールまであと2週間。後楽園ホールでも言ったし、今日もリング上で言ったけど、オカダ! そろそろ焦ったほうがいいんじゃないのか? それとも、もうヤル気がないの? 自信なくしちゃった? いや、これはね、すべてオカダの作戦であることを俺は願っているよ。それぐらいの選手だと思ってるからね。オカダ、楽しみにしてるんだから。

俺をそして大阪城ホールにご来場の皆様、そして新日本プロレスワールドをご覧の皆様。そして! わ・ざ・わ・ざ・大阪城ホールに来場してくださる木谷オーナーのために、自信を取り戻してくれオカダ。じゃないと、俺もおもしろくないよ。オカダの実力を買っているからこそ言ってるんだよ。楽しみにしてるぜ、オカダ」

内藤は6月3日の後楽園ホール大会でオカダに要求していた「(ヤングライオンのように)ダッシュで入場してくる事」という指令を、オカダが無視した事を問題視。

「約束は守れ」と言わんが如く、今日・明日の仙台大会での遂行を要求した。

事の発端は、「オカダは挑戦者の資格無し」と言う内藤に対し、オカダが「何でもやる」とコメントした事からだった。

新日本プロレス公式サイトより

オカダ「まあ僕は、『(レスリング)どんたく』で内藤さんと向き合いましたけど、(IWGPヘビー挑戦は)しっかり決定したわけじゃないですから。あとは会社が、お客さんがどう決めるか。ま、いまIWGPが似合う人間って俺しかいないでしょ。内藤さん、逆に俺が言ってやる。いま一番おいしいのはこの俺だ。次、俺しかいないでしょ。まあ、チャンピオンがああしろこうしろって言うんだったら、何でもやってやりますよ

その「何でもやる」コメントに食いついた内藤。

新日本プロレス公式サイトより

内藤「5月5日松山で、オカダが何でも俺の言うことを聞くと言っていたよね? 最近になってやっと、(アイデアを)ちょっと思いついたわ。まあ、やっぱオカダにも元気がないからさ。元気の象徴って言ったらヤングライオンでしょ? ヤングライオンは、声出して、一生懸命試合をすると。そして入場も全力疾走で入場すると。俺、オカダに元気がないと思うからね。ヤングライオンの頃の気持ちを思い出していただきたいなぁと。いま、ガウンを着て堂々と入場してるけど、初心に戻ったらどうだ、オカダ? ヤングライオンのように全力疾走で走って来たらどうだ?

ちょうどサムライTVの中継がある日、次は6月3日? 後楽園? 新日本プロレスワールドも、ちゃんと放送もあるんでしょ? 皆様が見ている前で、オカダを応援してくれる皆様に、そして! オカダを推している木谷(高明)オーナーに向けて、元気のある姿を、ぜひ! 全力疾走での入場を見せていただきたいな。オカダ? 何でも聞いてくれるんだろ!? 全力疾走で入場、楽しみにしてるぜ」

上記のように要求していたが、後楽園ではオカダは通常通り入場してみせた。

内藤の要求をスルーした格好だが、今日・明日の仙台大会含め、また内藤が制御不能の行動をとってしまう可能性もある。

内藤はいまだにEVILが挑戦者にふさわしいと主張している。

新日本プロレス公式サイトより

内藤 だってね、今回は“オカダ”が、“俺”に、挑戦したいんでしょ? でも俺のほうは、別にオカダとやりたいなんて一言も言ってないですからね。

――さすがですね。

内藤 だから、俺は「レスリングどんたく」3夜明け会見でも言いましたけど、「最終的にEVILに変わらないかなあ」といまだに思ってるぐらいの感じなので、いまのところ目は向いてないし。それに、ボクは両国でシッカリと勝ってますからね。少なくとも脅威には感じてないですね。

これは下手すると、再びEVILに挑戦者変更を要求なんて事も考えられる。

もうしばらく内藤とオカダの動きには注目する必要がありそうだ。

スポンサードリンク

↓この記事が面白ければクリック

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

スポンサードリンク

関連記事はこちら

 - EVIL, オカダカズチカ, ロス・インゴベルナブレス, ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン, 新日本プロレス