*

週刊文春、今度は週プロのベースボールマガジン社を告発。何があった!?

   


現在コメント数: 20 件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK
スポンサードリンク

週刊文春、今度は週プロのベースボールマガジン社を告発。何があった!?

shupro

本日発売の週刊文春にて、ベースボールマガジン社の社長が「ハンカチ王子」こと日本ハム・斎藤佑樹投手へ高級マンションやポルシェなどの提供をした事がスクープ記事として報じられた。

週刊文春より

北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹(28)が、出版社社長からポルシェなどを提供されていたことがわかった。斎藤はノーコメントだったが、提供側の出版社社長が「週刊文春」の取材に認めた。

 関係者によれば、斎藤は出版社ベースボール・マガジン社の池田哲雄社長に「鎌ケ谷の二軍練習場に通うための車が欲しい」とおねだり。価格が2000万円を超えることもある高級車ポルシェのカイエンを希望したが、マカンの新車に落ち着いたという。マカンも価格は最低でも800万円を超える。

 池田社長は、取材に「斎藤から『ポルシェが好きなんで』と言われてね。『お前には頑張ってもらわなけりゃならないから、俺が払ってやる』と」と認めた。他にも社や池田社長が所有するマンションを提供したこともあったという。

 野球選手の金品授受を巡っては、過去に桑田真澄、水野雄仁らが処分を受けたこともあり、日本ハムの対応が注目される。

「週刊文春」7月14日発売号では、池田社長によるポルシェ以外の利益供与についても詳しく報じる。

うーん・・・。

今年は週刊文春イヤーなのか?

文春が報じれば内閣の大臣だろうが、人気タレントだろうがミュージシャンだろうが、吊し上げられて社会から抹殺される。

今や文春のパワーは絶大。

当ブログはプロレスブログなので、ハンカチ王子がどうたらこうたらという件については論ずるつもりは無いが(にしても文春の記事が本当ならハンカチ王子は堕落し過ぎだ)、この文春の記事で明らかになった週刊プロレスの発行元ベースボールマガジン社の経営実態が非常に気になった。

7/14発売の週刊文春より

13年には経営悪化から30名超がリストラされた。今年1月には本社ビルを売却し、貸しビルに移った。それでも経営は好転せず、今年1-5月期は一億円を超える赤字を出している。

ベーマガ社が後楽園ホール近くの水道橋の本社ビルを売却し、浜町の貸しビルに移ったのは事実。しかしその前に30名超のリストラ&この5か月で1億円を超える赤字が出ているとは。

文春の記事が正しければという前提だが、ベーマガの社長は自身は月に300万円を超える報酬と、業務実績の無い近親者に年間合計5千万円の給料を支払っているという。

経営難でリストラをし、それでも現場は安い給料で食いしばって頑張っているのに、上記の話やハンカチ王子の話が事実だとすると、一番可哀想なのはそこで働いている従業員だろう。

文春の記事がどこまで事実なのか分からないが、そんなにやべーのかね・・。

とりあえずハンカチ王子には”喝!!”だあ!!

有田と週刊プロレスと(無料体験で視聴可!)
スポンサードリンク

↓この記事が面白ければクリック

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

スポンサードリンク

関連記事はこちら

 - 週刊プロレス