*

9月旗揚げの新団体の概要が発表される

   


現在コメント数: 59 件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK
スポンサードリンク

9月旗揚げの新団体の概要が発表される

dsw

元W-1北米支部長のジミー鈴木氏、元・全日本プロレス社長の内田雅之氏、元・週刊プロレス編集長のターザン山本氏、元全日本プロレスのウォーリー山口氏、REINAの玉城杏経氏らが立ち上げる新団体の概要が明らかになった。

『原点回帰』をスローガンとした新団体ダイヤモンドスターズレスリングが、9月25日(日)に新木場1stRINGで旗揚げが決定。

バトルニュースより

 7日、DSW運営委員会は9月25日に新団体『ダイアモンドスターズレスリング』を旗揚げすることを発表した。
元・全日本プロレス社長の内田雅之氏がコミッショナーとなり、北米支部長にWRESTLE-1の北米支部長も務めていたジミー鈴木氏が就任。アドバイザーに元・週刊プロレス編集長のターザン山本氏が入り、元ゴングであり全日本プロレスにて裁いていたウォーリー山口氏がメインレフェリーへ。社長にはREINAの玉城杏経氏が入るというフロント側のカラーが非常に濃い団体となっている。

 DSW運営委員会は旗揚げの経緯として、
『現在、日本には数え切れないほど多くのプロレス団体が乱立しています。一時は「プロレス冬の時代」と言われ、総合格闘技のイベントが台頭した頃など、プロレスというジャンル自体の存続が危なまれましたが、プロレスはしぶとく生き延びてきました。

 そして昨今は「新日本プロレスの独り勝ち」とも言われている現状ではありますが、団体の数、そして選手の数がもの凄く増えたのにも関わらず、どの団体も同じような型にはまったようなプロレスで、どの団体を観に行っても同じようなプロレスが行われているという印象が私たちにはあります。第1試合からメインイベントまで、みんな同じようなスタイルで綺麗な、まるで時代劇の殺陣のようなプロレスを行うことは、良くいえばハズレがないのですが、悪く言えばまったく「戦い」にみえません。

 私たちが今回、立ち上げますダイヤモンドスターズプロレスリングでは、第1試合からメインイベントまで「何が飛び出すかわからない、おもちゃ箱」のような、すべてまったく違った色のプロレスを見ていただこうと思っています。アメリカンプロレスあり、伝統的ジャパニーズスタイルのプロレスあり、異種格闘技戦あり、ルチャリブレあり、女子プロレスあり…。その第1弾興行を9月25日、新木場1stRINGで行なうことになりました。

 百聞は一見にしかずと言います。私どもが打ち出します古くも新しい温故知新のプロレスをぜひご覧いただけましたら幸いです』

(中略)

『ダイアモンドスターズレスリング 旗揚げ興行』
日程:2016年9月25日(日曜日)
開場:11:30 開始:12:00
会場:新木場1stRing
主催:明和エンターテインメント株式会社 
事務局:DSW運営委員会

【旗揚げ戦決定対戦カード】

▼セミファイナル~これぞ名人戦!ブリティッシュ スーパースラム選手権~
ディーン・オールマーク
vs
田中稔

▼メインイベント NWA世界タッグ選手権試合
【王者組】ロブ・コンウェイ/マット・リベラ
vs
【挑戦者組】“テリーマン”ロブ・テリー& X

(中略)

【Diamond Stars Wrestling 主要スタッフ】
■会長(CEO):島田秀雄
■社長(COO):玉城杏経
■北米支部長:ジミー鈴木
■審判部長:ウォーリー山口
■コミッショナー:内田雅之
■アドバイザー:ターザン山本

色々起きる今年のプロレス界。

米国ESPNにも取り上げられた世界的なホットワード、リコシェ vs ウィル・オスプレイの「ダンス」議論がここにも波及か。

この新団体に”過激な仕掛け人”新間寿氏らも合流したら面白そう。

スポンサードリンク

↓この記事が面白ければクリック

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

スポンサードリンク

関連記事はこちら

 - ニュース