*

昨夜のG1で予告された『もうすぐ爆発する時限爆弾』とは?

      2016/11/04


現在コメント数: 70 件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK
スポンサードリンク

昨夜のG1で予告された『もうすぐ爆発する時限爆弾』とは?

timebomb2

今日のROH世界王座戦が行われる前、突如スクリーンに以下のメッセージが流された。

『Time Bomb will blow up soon.(時限爆弾がもうすぐ爆発する)』

それと合わせてタイマーのカウントダウンが始まる。タイマーは約1992時間後(83日後)にセットされていた。

今日から83日後と言えば、11月5日。Power Struggle最終戦の大阪府立体育館大会がある日だ。

そこで何かが起こる?

ファンの間では『鈴木軍の再来?』や『WWEを退団したばかりのライバックの登場』といった予測が飛び交っている。

そういえば。

プロレスリング・ノア公式サイトより

■7月1日(金)豊橋大会試合後コメント

<鈴木>「どの組み合わせでこようが、どんな作戦で来ようがコレ(GHCタッグベルト)をテメーらに渡すわけにはいかねえんだ。そりゃそうだ。“俺の”だもんな」

――丸藤たちは強奪というやり方が『古くさい』と言っていたが?

<鈴木>「ほ~。古くさいね~。そう古くさかろうが何だろうが、勝ったのは誰だ? 新しいこと、目新しいこと。新しい必殺技とか編み出したところで、負けちゃ一緒なんだよ。そう。どんな手を使ってもいいんだ。どんなやり方しようが、勝った者が正義だ。だからこれは俺の手の中にある。だからこれは俺たち鈴木軍のモノだ。もう時計の針は止まらねえんだ…。もう崩壊とか離脱とか簡単な話じゃねえぞ? そう何の“時間”でしょう??(笑) 早く獲りに来いよ。“タイムリミット”は迫ってるぞぉ?

――??? 終焉とか終末?

<鈴木>「フフ…最後の時限爆弾~♪ …もう時計は止まらねえぞ!」

—————————-

■月岡大会試合後コメント

<鈴木>「(※2本のベルトを見やりながら)な? 俺の方がつえーだろ?」

――あの、最後の時限爆弾について…

<鈴木>「はぁ? なんの話だっけ~♪」

――この前の豊橋で言っていた…

<鈴木>「そんなこと言ったっけ~。そんな話どっから持ってきたの? お前の作り話だろ。テキトーな話をねつ造しやが……あっ。何か聞こえる。なんか聞こえる~(笑) ……チクタクチクタク。ククク…ごめ~ん、聞こえちゃった。もう時計は動きだした。そう…もう二度と止まることはねえんだ。その瞬間、すべてを“待ってる”。フフフ…」

杉浦貴、金丸義信というノアから鈴木軍の寝返りを実行させた鈴木みのる。毎回「時限爆弾」として予告されていた。

そして7月には「最後の時限爆弾」の存在を示唆。あれから何か爆発したという事件は起こっていない。

この件と何らかの関係があるのだろうか。

(11/4追記)
11/2発売の週刊プロレスで、鈴木軍の鈴木みのるは「最後の時限爆弾はセットされた」とコメントした。

ちなみにライバックは11月5日に既に他団体の大会にブッキングされているらしい。

スポンサードリンク

↓この記事が面白ければクリック

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

スポンサードリンク

関連記事はこちら

 - 新日本プロレス, 時限爆弾