*

内藤哲也がマイケル・エルガンのインターコンチ王座への挑戦要求について回答

      2016/11/12


現在コメント数: 33 件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK
スポンサードリンク

内藤哲也がマイケル・エルガンのインターコンチ王座への挑戦要求について回答

Naito4

先日当ブログでもお伝えした通り、現IWGPインターコンチネンタル王者のマイケル・エルガンが内藤哲也を次期挑戦者に指名した。

マイケル・エルガンが宣言!『次のインターコンチ王座の防衛戦の相手は・・内藤哲也、おまえだ!』:nWoな人々

そのエルガンの指名に対し、米国遠征に向かう直前の内藤がコメントした。

東スポWEBより

(前略)

内藤は「エルガンはそんなに俺にベルトを渡したいのかな。トランキーロ…と言いたいところだけどさ。まあ拒むことはしないですよ」

(中略)

「結果は見えてる。むしろ挑戦してくるのはエルガンでしょ。なんならラダーマッチとか、彼が勝てそうなルールを考えてもらってもいいよ?」

(後略)

内藤はエルガンの要求を受諾。

しかもそれだけでなく、6月19日の大阪城ホール大会でエルガンがケニー・オメガからIWGPインターコンチネンタル王座を奪取した”ラダーマッチ”ルールでの王座戦を提案した。

今年のG1を制したケニー・オメガをも撃破したラダーマッチであれば、言い訳できないだろうという訳だ。

しかしあの大阪城ホール大会では、内藤はオカダカズチカに敗れIWGPヘビー級王者から陥落。加えてセミのエルガン vs ケニーの試合は、その日のメインを食ったとも言われる程の名勝負となった。

「新日本プロレスの中心は俺」。それを証明すべく、内藤はまた自分と相手を追い込んで再び返り咲きを狙うはずだ。


スポンサードリンク

↓この記事が面白ければクリック

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

スポンサードリンク

関連記事はこちら

 - マルケル・エルガン, ロス・インゴベルナブレス, ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン, 内藤哲也, 新日本プロレス