*

飯伏幸太の明日はどっちだ?

   


現在コメント数: 11 件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK
スポンサードリンク

飯伏幸太の明日はどっちだ?

ibushi

今年新日本プロレスとDDTのダブル所属を解消し、飯伏プロレス研究所を設立した飯伏幸太。

研究所設立からいきなりWWEに参戦。WWEのクルーザー級クラシック(CWC)に参戦し、ベスト4まで勝ち進んだ。

その後日本でIGF、W-1にも参戦。

WWEとはフルタイムの契約を結ぶと思われていたが、このCWCのみのスポット参戦となった。

飯伏は「主戦場は日本」とし、WWEは「今回のCWCのようにスポットでなら是非継続参戦したい」とインタビューで語った。

しかしWWEの現場責任者のトリプルHは、電話でのインタビューで「我々の(CWCのような)営みは、全てフルタイムのWWEスーパースターを作る事が目的だ。」と、飯伏のスポット参戦には否定的なコメントを出した。

そんな中、飯伏はWWEと契約交渉をするために渡米。その模様は先月発売のゴングにて飯伏本人の口から語られた。

契約交渉はチーム飯伏のリーダーであるミスターTと一緒に行われたとの事で、WWEはかなり強く飯伏との契約を望んでいたというが、飯伏サイドはそれを拒否。交渉は破談に終わったとの事。

そして今月10日の新日本プロレス両国国技館大会にて謎のタイガーマスクWがデビューした。

この風貌、このファイトスタイル。これはまさしくあの人だろう。

このfacebookの動画は世界中で5,700件もシェアされ、43万回の動画再生を記録した。

そして来年の1.4東京ドームの参戦も決定している。

このタイガーマスクWの中身が我々が良く知るあの人だとしたら・・・。

そして飯伏は現在WWEのNXTで開催されるNXTタッグトーナメントに参戦しており、WWEでも活躍中だ(ヒデオ・イタミは同大会負傷欠場に)。

また11月6日の「DDTフェス2016」、12月4日の「DDT大阪オクトパス2016」大阪府立体育館エディオンアリーナ大会にも参戦する。

IGF、W-1、WWE、新日本プロレス、DDT・・・。

日本、米国、世界をまたにかけて活躍する飯伏。

しかし飯伏がWWEで活躍することで、先日の両国大会のタイガーマスクWの「正体は誰だ!?」も含めた反応が世界中に波及したのは間違いない。

普通なら日本のプロレスファンだけの間で少し話題になって終わり・・・、という具合だろう。

今回は世界中のメディアで取り上げられたし、地上波、ネット配信、SNSでタイガーマスクWの試合を見た人は何百万人にも上るだろう。

色んなタイミングが重なったが、こういう事が出来るのは飯伏だけだろう。

そして前出ゴングによると、飯伏は再度WWEから契約交渉のオファーが届いているという。詳細は誌面にて。

年末年始に更にプロレスビッグカムバック!?

まさに飯伏の明日はどっちだ!?

博多大吉とDDT「ぶらり路上プロレス 」無料体験で視聴可能

スポンサードリンク

↓この記事が面白ければクリック

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

スポンサードリンク

関連記事はこちら

 - タイガーマスクW, タイガーマスクWの正体, 新日本プロレス, 飯伏プロレス研究所, 飯伏幸太