*

ノアがIT関連企業に事業譲渡!元全日本社長内田雅之氏が会長就任で再建へ

   


現在コメント数: 21 件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK
スポンサードリンク

ノアがIT関連企業に事業譲渡!元全日本社長内田雅之氏が会長就任で再建へ

noah

本日の昼に東京スポーツが「ノア身売り」と一面で報じた。
image

仲介人は元全日本プロレス社長で、譲渡先エストビーの執行役員である内田雅之氏との事。

東スポWEBより

故三沢光晴さん(享年46)が創設したプロレスリング・ノアがITシステム開発会社「エストビー」(東京・千代田区=不破洋介社長)に事業譲渡する方針で合意に達したことが31日、本紙の取材で明らかになった。

事実上のオーナー会社になる模様で、プロレス部門のトップには元全日本プロレス社長・内田雅之氏(54)が就任する予定。ここ数年、低迷が続いていたノアは、同社の下で早期再建を目指す。

(中略)

「(エストビー社が)新たな事業展開を考え、資金調達をしていた最中だった。プロレス事業には縁がなかったけれど、内田氏がノアとつなげ、再生しようという話になった」(関係者)

その後ノア公式からも正式発表。

ノア公式サイトより

ファンの皆様へ
関係者の皆様へ

事業譲渡のお知らせ

 日頃より、プロレスリング・ノアをご愛顧下さり、また弊社事業にご支援賜り、誠にありがとうございます。

弊社は、本日、プロレスリング・ノアのプロレス興行事業及びこれに関連する事業を、下記のエストビー株式会社に譲渡いたしましたので、ご報告申し上げます。

上記の事業譲渡に伴い、弊社に所属する選手及び従業員はエストビー株式会社に移籍し、本日以降に予定されている試合・大会は、すべて予定どおり開催されます。既にご購入いただいたチケットは通常どおりご利用いただけます。また、ファンクラブの会員資格は今後も有効です。なお、ファンクラブの会員の皆様には別途ご案内をさせていただきます。

プロレスリング・ノアは、エストビー株式会社の下で、今までどおり心に残るプロレスを追及するとともに、さらなる発展を目指していきます。皆さまにおかれましては、これからもプロレスリング・ノアへの温かいご声援とご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

あまりにも突然の事だったので、ファンも関係者にも大きな動揺が広がった。

ノアの商標や、王座、選手はそのまま譲渡され、今後のスケジュールも変更がないとの事で、選手側は前向きに捉えている。

エストビー社の譲渡後の新体制は以下の通り。田上明社長は相談役へ。そして内田氏はノアの新会長、ノアの新社長にはエストビー社から不破洋介社長が就任する。

ノア公式サイトより

プロレスリング・ノア新体制に関するご報告

下記の通り、プロレスリング・ノア新体制に関するご報告をいたします。

相談役 田上明
会長 内田雅之
代表取締役 不破洋介
取締役 伊藤大介

正直言ってビックリ。今年のプロレス界は本当色々ある。

2000年代に当時経営危機にあった全日本プロレスに入って立て直しに尽力されていたのも内田氏。その後あの白石元オーナーのゴタゴタで全日本プロレス退任に追い込まれたというのも記憶に新しい。

東スポの記事によると経営危機にあったノアと、自身が役員で入っていたエストビー社を内田氏が繋げ事業譲渡という事で合意したという。

三沢元社長の後を引き継いでいた田上社長は退任。内田氏が会長としてノアを引っ張っていく形となる。

現状ノアが無くなるという話ではないので前向きに捉えて良いだろう。

内田新会長らの経営手腕に期待するとともに、選手スタッフ一丸となって再生へ向かう事を心から願いたい。

スポンサードリンク

↓この記事が面白ければクリック

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

スポンサードリンク

関連記事はこちら

 - プロレスリング・ノア