*

ドナルド・トランプ氏が米国大統領選に勝利!WWEビンス・マクマホン会長大喜び?

   


現在コメント数: 4 件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK
スポンサードリンク

ドナルド・トランプ氏が米国大統領選に勝利!WWEビンス・マクマホン会長大喜び?

vincetrump

11月8日に実施された米大統領選において、共和党のドナルド・トランプ候補が民主党のヒラリー・クリントン候補を下し勝利が確定、本日トランプ氏は勝利宣言を行った。

ドナルド・トランプ氏は米国で不動産王として成り上がった大金持ちで、1980年代からプロレス格闘技にも強い繋がりを持っている人物。

tr2
tr3
tr

そして2007年に行われたWWEの年間最大の祭典「レッスルマニア23」でWWEのビンス・マクマホンとビリオネアー対決を行い、敗者髪切りマッチを戦っている。もちろんトランプ氏はレスラーではないので、トランプ氏が推すレスラーが勝利すれば勝ちというルールだ。結果ビンスは負けてしまい、ビンスは大観衆の目の前で丸坊主になってしまった。
tr4

そんなトランプ氏が米国大統領になると、もしかすると新日本プロレスにとってはあまり良くないことになるかもしれない。

そう感じたのは以下の記事。

WWEビンス・マクマホンはドナルト・トランプファンドにいくら寄付しているか

上の記事によると、WWEのビンス・マクマホン会長と妻のリンダ・マクマホンは、2004年から2014年の間にトランプ氏の財団に最も寄付をした人だという。その額は500万ドル。

トランプ氏はプロレス格闘技好きで有名で、上述のレッスルマニアに登場したりUFCに会場を貸したりしている。

またトランプ氏は3年前の2013年にWWE殿堂入りを果たした。ビンスとは蜜月の関係にあるとも言える。

そんなトランプ氏が大統領になったら・・。

———
(ここからは妄想)

2000年代のプロレス不況からV字回復を遂げた新日本プロレスは、そのまま事業が右肩上がりに成長し、世界的な大成功を遂げた。

2020年には米国本土でもニュージャパンが大人気に。そしてニュージャパンはなんとニューヨーク証券取引所にも上場を果たし、世界的なエンタメ企業の仲間入りを果たす。

それどころか、それまでの業界の盟主WWEを脅かす存在に成長する。月曜テレビ戦争も復活し、再びWWEに巨大ライバル企業が誕生するのであった。

そんなニュージャパンに危機感を募らせたWWEビンス・マクマホン会長。とある宛先に電話を掛ける。

ビンス『もしもし、トランプちゃん?元気?』

トランプ『おー、ビンスちゃん。どないした?』

ビンス『実は・・。』

トランプ『みなまで言わんでええ。分かっとる、ニュージャパンの事やろ。』

ビンス『そうなんや・・。』

トランプ『分かった。俺が今からジャパンのプライム・ミニスターのアベに電話する。まかせといて。』

(妄想終わり)
————

スポンサードリンク

↓この記事が面白ければクリック

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

スポンサードリンク

関連記事はこちら

 - WWE