*

ノアが会見!内田会長『鈴木軍に終止符、これからは内部抗争』

   


現在コメント数: 47 件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK

ノアが会見!内田会長『鈴木軍に終止符、これからは内部抗争』

uchida

昨日、ノアはディファ有明大会からの一夜明け会見を開いた。

鈴木軍の去就も含め、今後のノアを占う上でも注目の会見となった。

そこでノア内田雅之会長は、鈴木軍との戦いに終止符を打ったことと、そして今後は内部抗争が中心になる事を明かした。

プロレスリング・ノア公式サイトより

内田雅之会長のコメント
「二日の後楽園、三日のディファ有明と、非常に内容の濃い壮絶な戦いを見せていただきました。まだ、私は就任して一カ月足らずですが、鈴木軍という2年間に渡り参戦してきたチームに対し、やっとの思いで終止符を打つことができた、と。これはチャンピオンの中嶋勝彦選手、タッグを獲った潮崎選手と谷口選手、ベルトを防衛した小峠篤司選手、それに触発されたノアの選手たちが、力を取り戻したんだと感じています。そして、ノアという団体の中で、新たな戦いというのは内部抗争だと思いました。それは3日のディファでも、すかさず北宮選手が中嶋選手への挑戦に名乗りを上げて、モハメド ヨネ選手クワイエット・ストーム選手も潮﨑選手と谷口選手に挑戦を表明しました。これはすばらしいことだと思っています。我々もより一層、ノアの選手たちが大きく羽ばたいて、ノアの看板が光を取り戻すことを目標に、やっていく覚悟と気持ちが起きました。

なお、杉浦選手が鈴木軍を脱退し、一人でノアの選手と戦うと申していましたが、そのあと、今回のリーグ戦に参加し、3勝4敗の戦績を残したアレハンドロ・サエス選手。彼がいち早く、杉浦選手の呼びかけに応えまして、杉浦選手と一緒に戦いたいということだったので、次期シリーズはこの二人を組ませるかたちになりました。12月24日の後楽園で丸藤正道選手と杉浦選手のスペシャルシングルマッチを組んでおりますので、その前哨戦をシリーズの中で行なっていきたいと思います。それと、いま練習生として道場でがんばっている宮脇純太選手が12月11日の高松大会でプレデビュー戦を行ないます」

それを裏付けるように次期シリーズに鈴木軍の名前は無い。

杉浦貴は鈴木軍を脱退し、アレハンドロ・サエスと合体のし、新ユニット結成となりそうだ。

また金丸義信の名前も次期シリーズのカードには無いため、金丸は鈴木軍と行動をともにするかもしれない。

そして気になるのは鈴木軍の今後の去就。

新日本プロレスへUターンというのもあり得るだろうか。バレットクラブの重大発表との関連も噂される。

イッテンヨンへの出場については煙を巻いたという。

年末年始に掛けてまたプロレス界が大きく動くかもしれない。

SPONSORED LINK

↓この記事が面白ければクリック

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

SPONSORED LINK

関連記事はこちら

 - プロレスリング・ノア