*

高橋ヒロムがL・I・J入りした理由!棚橋弘至がファン投票について決断!

   


現在コメント数: 45 件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK

高橋ヒロムがL・I・J入りした理由!棚橋弘至がファン投票について決断!

tanahashi

ワールドタッグリーグ決勝宮城大会から一夜明けた。

明日には2夜明け会見が行われ、1.4東京ドームの全カードが発表になると思われる。

昨夜の大きなサプライズの一つは、”時限爆弾”として凱旋帰国した高橋ヒロムのロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(以下LIJ)入りだろう。

高橋ヒロムとして帰国してから、KUSHIDAへのIWGPジュニア王座への挑戦を表明しつつも、その去就についてはこれまで明言してこなかった。

本隊として戦うのか、それともどこかのユニットと合体するのか。

その結論はLIJとの合体だった。

ヒロムはその理由を以下の通り語った。

新日本プロレス公式サイトより

ヒロム「さぁ、皆さん、予想通りだったか? 予想通りか? 俺が、(※L・I・Jのキャップを指さし)このロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン、ここに入るのは予想通りだったか? まぁさ、楽しんでくれよ。どうやらさ、俺を自由に、好き勝手やらしてくれんの、ここだけらしいんだよ。なぁ、これから最高のもんが楽しめるわ。最高だぜ、オイ。それから、最高のもん、いっぱい見せてやるよ。楽しみにしておいてくれよ。

それからKUSHIDA、IWGPを獲るのは、簡単じゃねぇ。そんなことは知ってんだよ。俺が言ってるのはな、『KUSHIDA、お前から獲ることが簡単だ』っつってるんだ。なぁ、1回やってもいいぜ、お望み通り。東京ドーム前に、1回やってやってもいいぜ。楽しみにしてるよ。TICKING!TIME BOME!」

ヒロムは好き勝手に、自由に暴れられる場所としてLIJを選んだ。

また内藤哲也は以下の通りコメント。

新日本プロレス公式サイトより

内藤「俺は、一言もこの『WORLD TAG LEAGUE』への仕掛け、一つだなんて、俺は言ってないからね。一つだと思った? ルーシュの登場だけだと思いましたか? ちょっと考えが甘いね。もう一歩先、二歩先まで予想してくれないとね。まぁ、もっといろいろなことを想像して、楽しんでよ。彼(ヒロム)がなぜ、このユニットを選んだのか? 彼がなぜ、今日登場したのか? まぁ、いろいろ気になるとは思うけどさ、それは次、彼が話す機会にいろいろ聞いてみてよ。俺にはわからないからね。

あとさ、今日で『WORLD TAG LEAGUE』も終わりということでね、いよいよ視線の先は東京ドームかな。まぁでも、あの記者会見で言った通り、俺の今思ってることは、全部吐き出したからね。ファン投票やるも、やらないも、棚橋の自由だよ。俺は望まないけどね。その辺のことさ、彼は今日はっきりコメントしたの? こんだけ時間をかけて、皆様を待たせたわけだからね。それなりの面白い答えを、彼は用意してるんでしょ? 今日コメントしたのか、このあとの後楽園でコメントするのか、よく知らないけどさ。どんな答えを用意したのか、俺は楽しみだね。この団体の、新日本プロレスの“エース”なんだろ? 皆様が納得する答えを、俺は待ってるよ。アディオス」

そして内藤は棚橋弘至に対してファン投票について答えを求めた。

その棚橋は「ファン投票はやらない!」と結論付けた。

新日本プロレス公式サイトより

棚橋「今年最後のビッグマッチ、派手に飾りたかったけど、今年一年は本当に、ロスインゴにやられた年だったね。そして、いろいろ考え抜きましたけど、みんなの気になってる“ファン投票”……やりません。メインイベントこだわってきた俺が言うのも、違和感があるかもしれないけど、『メインに縛られない棚橋を見たい』そして、『俺は満場一致じゃないと、メインに出たくない』以下の理由で、ファン投票はしません。ただ、今年やられた分、1月4日でベルトを巻いて、そっから先は見えてるから。よし!もう一回言っとこう。ファン投票はやりません」

棚橋は「今年一年は本当にロスインゴにやられた年だった。」と悔しさを露にした。

この一年内藤及びLIJが爆発的な人気を呼び、間違いなく今年の新日本プロレスを大きく掻き回した。

怪我の影響もあり、その勢いをひっくり返せなかった棚橋は悔しい思いを抱えているだろう。この一年の悔しさ全てを東京ドームにぶつけてリベンジを図るはずだ。

しかし高橋ヒロムのLIJ入りはビックリ。もともと海外遠征の前から内藤を慕い、大きくなって帰ってくると約束した仲。そしてLIJの発祥の地であるCMLLで活躍し、カマイタチの名前をメキシコの地で大きく轟かせた。

永田裕志の言葉ではないが「海外遠征から帰ってくると悪くなる説」もあるかもしれない。海外遠征から帰国したら、本隊へは戻らず、ヒールユニットに加入する選手が多い。

当然それだけLIJなり、バレットクラブなりの勢いがあるという事ではあるが、これは新日本プロレス本隊の危機と言う事も出来るだろう。

これで一つ思い出したのが、1990年代にWWEを凌ぐ勢いがあった米国プロレス団体WCW。

ハルク・ホーガンを中心とした悪の軍団nWoが世界的な大ブームとなる。

その結果、WCWのレスラーは皆nWoに入りたがり、WCW本隊が空洞化してnWoが大きく膨らんでしまった。まさにWCW本隊の危機だったのである。

その時に起こったのが本隊のスター選手、スティングの”クロウ”への変貌である。

スティングはWCWにもnWoにも嫌気が差し「フリーエージェント」を宣言する。


そこから一人でWCWを掻き回すスーパースターで昇華していった。

何か大きなうねりが起こると、また別の大きなうねりを生む。

これもひとつ、プロレスに非常に面白いところだろう。

SPONSORED LINK

↓この記事が面白ければクリック

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

SPONSORED LINK

関連記事はこちら

 - ロス・インゴベルナブレス, ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン, 新日本プロレス, 棚橋弘至, 高橋ヒロム, 高橋広夢 , , , ,