*

オカダカズチカを超えるドロップキックの日本人の使い手!

      2015/08/10


現在コメント数: 0件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

Okada2

SPONSORED LINK
スポンサードリンク

スポンサードリンク


オカダカズチカを超えるドロップキックの日本人の使い手!

現IWGPヘビー級王者のオカダカズチカ。現在行われているG1クライマックスでも8/8時点でブロック単独首位となっている。

そんなオカダの代名詞といえば「レインメーカー」そして「ドロップキック」だろう。

ドロップキックだけで会場を爆発させる事が出来るレスラーは少ない。ドロップキックは若手のヤングライオンでも使う、基本中の基本の技だからだ。

オカダのドロップキックの凄さはその打点の高さと美しさ、そして出すタイミングがドンピチャなところだ。

そのオカダのドロップキックを超えるかもしれないドロップキックの使い手がいる。


それは「ジャンボ鶴田」。この映像は若き日のジャンボ鶴田が師匠のジャイアント馬場に見舞ったドロップキック。

ジャイアント馬場は209cm。ジャンボ鶴田は2m近く飛んでいる事になる。

ジャンボ鶴田は196cm、オカダは191cm。

ジャンプの高さならばもしかするとオカダより上か?しかし美しさとタイミングはオカダの方が上ではないか。

大型エースとして比較されることもある二人。ホーガン vs ロックではないが、新旧スター二人のドロップキック対決が見たかった。

とりあえずオカダも213cmのビッグショーをドロップキックしよう!

スポンサードリンク

↓この記事が面白ければクリック

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

スポンサードリンク

関連記事はこちら

 - オカダカズチカ, 新日本プロレス