*

nWoTシャツを着ないものは取材させない

   


現在コメント数: 0件

4

nWoムタの日本逆上陸の翌日1997年6月23日の埼玉・久喜大会をご紹介する。

ムタ・蝶野・天山(nWo JAPAN)
VS
橋本・平田・安田(新日本)

動画はこちら
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6313995

ムタが加入したことで勢力を増したnWo JAPAN。蝶野は会場にいるメディアに対し「nWoTシャツを着ないものは取材させない」と通告。結果リングサイドは約20人のnWo Tシャツのカメラマンが並んだ。メディアにもnWo側につく事を強要した蝶野。この後もnWoプレスパスを作り持っていないものには取材させない等メディア対策も抜かりなかった。

対戦相手にはヤスティー(安田)が。。安田といえば根っからのギャンブル好き(依存症)で借金王でもある。新日本時代は中堅レスラーとしてぱっとしなかった安田は、K-1のジェロムレバンナに勝利して一躍脚光を浴びたが、その後転落の人生をたどる。借金を理由に新日本を解雇され、自宅で練炭自殺を試みる。それから養豚所で働いた後引退試合をし、カンボジアのカジノに就職・退職し、安田忠夫は今は風俗店の受付として働いている。ここらへんの安田の転落人生についてはNumber773号に載っているのでBOOKOFF等で探して読んで欲しい。

試合はその安田が集中攻撃を浴び、nWo JAPANの圧勝に終わった。試合後唯一nWoTシャツを着ていないテレ朝のカメラマンのシャツにnWoと書くムタ。この後蝶野はまたnWo本体と合流するため、アメリカへと旅立つのであった。

スポンサードリンク

↓この記事が面白ければクリック

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

スポンサードリンク

関連記事はこちら

 - nWo JAPAN history