*

AJスタイルズが考える今年のG1クライマックスMVP

      2016/11/19


現在コメント数: 0件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK
スポンサードリンク

AJスタイルズが考える今年のG1クライマックスMVP

AJStyles5

毎年恒例の秋の両国大会「キングオブプロレスリング2015」でオカダカズチカが保持するIWGPヘビー級王座への挑戦が決まったAJスタイルズ。10日前に終わったG1クライマックスでは、昨年に続き2年連続の参戦を果たした。

そのAJが米国プロレス業界紙レスリングオブザーバーのポッドキャストに出演した。
http://media001.f4wonline.com/

そこでAJは今年のG1のベストマッチを聞かれ「両国での棚橋弘至戦だ」と答えた。

またAJは「あの試合は素晴らしいものになったが、自分はあの試合で全て出し切って”これで終わり!”という感じだったが、棚橋はその後決勝戦で中邑真輔とまた凄まじい試合をした。このG1のMVPをあげるなら棚橋だな」と語った。

確かに今大会を通して一番活躍したのは棚橋ではないか。開幕戦の飯伏幸太戦、AJスタイルズ戦、そして決勝の中邑真輔戦など好勝負を連発した。

またインタビューで印象的だったのが、インタビュアーのデイブ・メルツァーとブライアン・アルバーツが「新日本プロレスの驚きなのが、本当に色んなタイプの選手が揃っているところだ。君と桜庭和志が戦うなんていうのは世界でここだけだ。WWEでもTNAでも色んな選手がいるが、つまるところ同じような選手だ。しかし新日本ではびっくりするような組み合わせが実現したりする」と指摘していた点。確かに。AJ自身も棚橋戦のような試合と、矢野通戦のような試合、それぞれ全く違うタイプの試合だが、両方素晴らしいと話した。

そしてインタビューの最後にAJがファンへのメッセージで「私の公式サイトAJStyles.orgに是非アクセスして欲しい。自分の試合スケジュールや様々な情報が載っている。試合のオファーについてもスケジュールを見て連絡をくれ。1試合当たりいくら位かはそのサイトに載ってるから」と先日その公式サイトで試合のギャラを載せてしまった事をネタにした。

こちら→AJスタイルズの1試合のギャラが明らかに

これにはメルツァーとブライアンも「ガハハハハ!(笑)」とバカうけであった。


スポンサードリンク

↓この記事が面白ければクリック

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

スポンサードリンク

関連記事はこちら

 - AJスタイルズ, G1クライマックス, 新日本プロレス , , , , ,