*

ヤングバックスを新日本プロレスに呼んだ非常に意外な人物

   


現在コメント数: 0件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK
スポンサードリンク

ヤングバックスを新日本プロレスに呼んだ非常に意外な人物

YoungBucks

3年前に新日本プロレス初登場を果たし、バレットクラブのメンバーとして現在も新日本ジュニアのタッグ戦線の中心にいるヤングバックス。

今のジュニアタッグ戦線は本当に素晴らしく、スピード感、躍動感が凄すぎて中々並みの選手ではあの中に入れない程になっている。そのスタイルを持ち込んだのがヤングバックスの二人だ。

そのヤングバックスが米国プロレス業界紙レスリングオブザーバーのインタビューに答えた。

そこでヤングバックスは新日本に参戦するきっかけについて聞かれ、彼ら曰くそのきっかけになった人物はなんと「オカダカズチカ」だったという。

オカダは2012年にレインメーカーとなる前まで米国TNAに無期限武者修行に出ていた。同時期にTNAで活躍していたのが「ジェネレーション・ミー」というタッグ名だったヤングバックスだった。3人はそこで仲良くなり、よく飯を一緒に食べに行ってたという。
okadatna

そしてオカダは2011年に日本に帰国し、その後レインメーカーとして一大スターの道を駆け上っていった。

それから1年後、良い外国人レスラーを探していた新日本・海外渉外担当も兼任するタイガー服部レフェリーがオカダと話ている時に「ヤングバックス」の名前が出て、そこでヤングバックスにコンタクトを取り参戦が決まったという。

ヤングバックスが言うように「オカダ・コネクション」だったというが、新日本参戦を果たした二人は外国人ユニットのバレットクラブに合流する。そこで二人はデヴィット、アンダーソン、ギャローズなどとも上手くハマって現在に至る。

現在オカダとはCHAOS vs バレットクラブで完全に敵対しており、オカダ vs AJスタイルズのIWGPヘビー級王座戦が10月の両国国技館で行われる。

今は敵対する者同士だが、やはりボーイズはボーイズ。良いレスラーは良いレスラー達を呼んできてくれるようだ。

スポンサードリンク

↓この記事が面白ければクリック

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

スポンサードリンク

関連記事はこちら

 - バレットクラブ, ヤングバックス, 新日本プロレス , ,