*

大晦日格闘技大会『RIZIN』が連れてくる超大物のプロレスラーとは?

   


現在コメント数: 14 件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK
スポンサードリンク

大晦日格闘技大会『RIZIN』が連れてくる超大物のプロレスラーとは?

fador2

大晦日にPRIDEが復活ということで発足した新格闘技イベント「RIZIN」。今大会のプロデューサーである榊原信行氏は、元PRIDE代表であった人物だ。

今年の年末の12/29から31までの3日間さいたまスーパーアリーナを押さえており、現時点では29,31日にそれぞれ桜庭和志とエメリヤ・エンコ・ヒョードルの出場が決定している。

また内定していると言われているのが、元リングスの“世界のTK”こと高阪剛だ。高阪の復帰戦がもうすぐ正式発表とも言われており、この大晦日の格闘技イベントにも出場してくる可能性が高い。もしかするとヒョードルの相手かもしれない。

これにより日本の格闘技界はにわかに騒がしくなっており、プロレス界にも波及している。それは先日当ブログでお伝えした以下の記事。

元PRIDE「RIZIN」が予告!「プロレスファンが度肝を抜く大物を連れてくる!トップ中のトップ!」

格闘技ライター堀江ガンツ氏によると、榊原氏はプロレスファンが度肝を抜く大物を連れてくると話しているという。

その大物のトップ中のトップのレスラーとは誰なのか・・・?

私はここで確証は全く無いながら、それを予想したい。

そのレスラーとはずばり・・・・。

飯伏幸太ではないか!?
ibushi

飯伏だと考える理由は3つある。

・1つ目は飯伏は格闘技のバックボーンがあり、昨年の11月の両国国技館にて飯伏はシュートボクシングのエキシビジョンマッチを戦ったことがあるという事。レスラーでも格闘技に対応出来る人物でないといけない。そういった意味で飯伏なら対応出来るのでは?と思わせる。また今大会「RIZIN」には“シュートボクシングの女王”RENAも出場する。

・2つ目は飯伏が今のプロレス界においてトップ中のトップの一人だと思うからだ。新日本プロレスとDDTの2団体に所属し、DDTもさることながら、新日本でもニュージャパンカップを優勝するなど、ヘビー級でも結果を残している。「プロレスファンが度肝を抜く!」と言っている以上、かなりのビッグネームを呼ばないとそれに合わない。飯伏はあの前田日明も「いい選手」と認める人物。前田と今回の大会は全く関係無いだろうが(むしろ反目?)、前田も認める飯伏という選手。これは可能性ありだ。

・3つ目が一番大きい理由だが、それは飯伏があるプロレス団体と間接的に関係があるという事だ。今の段階でそれは明確には言うことが出来ないが、今回の『RIZIN』のイベント立ち上げにおいて複数の関係者から話を聞くと、とあるプロレス団体の名前が浮かび上がってくる。それは新日本でも無いし、DDTでも無い。しかしその団体が関わってくることによってレスラーのブッキングというのが可能になってきそうだ。それが飯伏でありそうという事である。

以上、繰り返しになるが、この予想は全くの確証はないただの予想である。今回の「プロレスファンの度肝を抜かせる」という話と、周辺の情報から読み解くに、飯伏の可能性が高いと思わせるのだ。

そういえば飯伏は先日こんなツイートを。

私はこのツイートはてっきり飯伏が内藤のパレハであるので、それをツイートしているのかと思っていた。しかしもしかすると、大晦日の格闘技イベント参加についてのツイートかもしれない。そう思うとそう思えてしまう(笑)。それだけ飯伏のツイートは毎回何を意味しているのかわからないのだが。

また飯伏は今月末に自身初の自伝を2冊発売する。

飯伏幸太
小学館集英社プロダクション
2015-10-28


この自伝は凄い面白い内容に仕上がっているらしく、本発売に合わせて世間を巻き込む大きなプロモーションが行われる可能性がある。

その中で飯伏の大晦日出場が発表されたりして・・。今回はフジテレビがバックについているため大きなプロモーションになる。

どちらにせよ現時点では妄想に過ぎないが、個人的には飯伏以外はあまりしっくり来ないのだ。

後は永田さんくらい??

確かにヒョードル vs 永田さんのリベンジマッチは観たい・・。男のロマンがある。

nagata

あの試合は大会直前に永田にオファーされたもので、大会としては永田が出ないと大会自体が成り立たなくなる状況だった。しかし準備を全くしていなかったため一貫して断っていた永田に最後は猪木の顔を立ててOKした試合である。永田は「分かりました、やります!」と言った瞬間、猪木は永田をなぜかビンタしたという。

結局ヒョードルに瞬殺された永田は、プロレス最強論崩壊の十字架を背負うハメになってしまった。しかもその時のギャラは猪木側は払ってくれず、その後現在の菅林直樹会長の新日本が分割で払ってくれたという話は有名。

よって、新日本プロレス側は菅林会長がいる限り、大晦日の協力及び選手派遣は一切認めないだろう。

私も前にブログで書いた通り、プロレスと総合格闘技の交流には大反対の立場を取る。

しかし飯伏なら、2団体所属というある意味曖昧さが多いところから、可能性は永田よりはある気がするのだ。

もし万が一でも飯伏が大晦日に出たらどうなるだろうか・・。

——-
ところでここからは蛇足だが、まだ正式発表はされていないが今回の総合格闘技イベント「RIZIN」はUFCなどで一般的になっているオクタゴンは使用しないという。
octagon

総合格闘技=オクタゴンと化した今、なぜオクタゴンを使用せず四方形のロープ有りのリングにするのか。

この理由は一説によると、29と31日の間の30日にさいたまスーパーアリーナでK-1かの立ち技の大会をやるためであるという。

立ち技大会も並存させるためにオクタゴンを使用しないとの事。そういえば先日のK-1の記者会見になぜかヒョードルが出席した。なぜヒョードルがK-1に??と思わせたシーンだったが、そういうことなのだろうか。

本当だとすると、榊原氏は立ち技、総合も合わせて日本の格闘技界をもう一度復活させようとしているのかもしれない。榊原氏が代表を務めていた当時のPRIDEの反社会勢力との繋がり疑惑からフジテレビが撤退して崩壊したこの日本の格闘技ブーム。その引き金を引いたフジテレビがまさか再度榊原氏とタッグを組むとは。

フジテレビはここ数年大晦日は惨敗に次惨敗をきっしており、昨年は地上波で一番視聴率が悪かった。もうフジテレビもなりふり構ってられないのか。

さてさてどうなるか・・?

スポンサードリンク

↓この記事が面白ければクリック

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

スポンサードリンク

関連記事はこちら

 - 総合格闘技 ,