*

カール・アンダーソンが語るプリンス・デヴィット、ジャイアント・バーナード、そしてWWE行きの可能性について

   


現在コメント数: 2 件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK
スポンサードリンク

カール・アンダーソンが語るプリンス・デヴィット、ジャイアント・バーナード、そしてWWE行きの可能性について

KarlAnderson2

現IWGPタッグ王者の”マシンガン”カール・アンダーソンがWrestlinginc.comのインタビューに答えた。

以下ハイライト。

———————–
-かつて一緒に戦ったプリンス・デヴィットがNXTでバロール・クラブというTシャツを着ていることはどう思う?

アンダーソン『あのシャツは大好きだよ。彼がNXTでああいうバロール・クラブというのをやるのは嬉しいね』

-あなた自身WWEやTNAから声が掛かったりしたことはありますか?

アンダーソン『これまで何度かあったよ。まぁ”NEVER say NEVER”(決して無いとは言い切れない)だけど、自分は今の新日本プロレスを愛しているね。』

-かつて新日本プロレスでタッグパートナーだったジャイアイト・バーナードが現在WWEで働いていることについて。

アンダーソン『素晴らしい決断だよ。彼は非常に頭が良いし、日本でも彼から沢山の事を教わった。』
———————–

バレットクラブの創設者であるプリンス・デヴィット。そのデヴィットはNXTに行ってもその絆を忘れないために『バロール・クラブ』というTシャツを着てウルフパックサインをする。

それと同じシャツをバレットクラブの面々が着ている写真をアップするなど、現在でも団体の枠を超えた友情関係を今でも見て取ることが出来る。

スポンサードリンク

↓この記事が面白ければクリック

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

スポンサードリンク

関連記事はこちら

 - カール・アンダーソン, バレットクラブ, 新日本プロレス , , , , ,