*

今回のRIZINはいくら使った?榊原氏『金を出し惜しみしたら良いカードが組めない』

      2016/09/25


現在コメント数: 28 件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK

今回のRIZINはいくら使った?榊原氏『金を出し惜しみしたら良いカードが組めない』

sakakibara


9月25日(日)RIZIN(ライジン)さいたまスーパーアリーナ大会の全試合結果はこちら!

昨年の大晦日の視聴率が7.3%とここ近年と比較してかなり善戦したと言われる総合格闘技イベントRIZIN。

そのRIZINは一体この興行にいくらのお金を使ったのか。

スポニチAnnexより

「金を出し惜しみしたら良いカードが組めない。金を残そうとは思わず、とことん突っ込んで結果を出す。金を残そうという人は興行をやめた方がいい」

予算を組むにしても、チケットの売り上げは読み切れない。放映権料、事業協賛など二次的な権利でリスクを減らすのも仕事の一つだ。

今回はPRIDE時代にもなかった破格の10億円以上の興行でもある。

じゅ・じゅ・じゅ・じゅ・じゅ・・・

juman

↑今年なんと松山ケンイチ主演で実写映画公開される珍遊記より。

あ、十億円か!(笑)

なんとぉおおおおお!

この現代の格闘技ブームが冷め切った日本で10億円も資金調達して興行をやり切るとは。榊原氏恐るべし。

今やUFCの独占状態で、誰も彼らの年間何百億円のビジネス規模に到底及ばなくなってしまった今。そこでここまでのお金を引っ張ってくるのは凄い。

ヒョードルも呼べるわけだ!

一説には桜庭和志のギャラは2,000万円、ボブ・サップのギャラも1,000万円以上だという。だとすると曙のギャラも2,000万円ほどだろう。

ヒョードルのギャラは1億円以上とも言われているし・・・。金が掛かるね!

SPONSORED LINK

↓この記事が面白ければクリック

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

SPONSORED LINK

関連記事はこちら

 - RIZIN, 総合格闘技 , , , , ,